Suica/ICOCAチャージ用のANAカード

Suica/ICOCAチャージ用のANAカード

JRや私鉄など交通手段(交通費)の支払いでANAマイルを貯める方法を紹介します。

どうやってJRや私鉄の利用でANAマイルを貯めるかというと、電子マネーSuica、ICOCAのチャージにANAカードを使うのです。

例えば、ANAカードを使って、Suica10000円分をチャージすると100ANAマイル相当のポイントを獲得できます。そして、チャージしたSuicaを利用してJR・私鉄に搭乗します。こうすることによって、実質的に交通費の支払いでANAマイルを貯めることができます。

ただし、Suicaへのチャージでポイントを獲得できるANAカードは3枚のみです。以下で紹介するANA VISA SuicaとANAアメリカン・エキスプレス・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがSuicaチャージでANAマイルを貯められるクレジットカードです。

そして、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの2カードはICOCAチャージに対しても1%分のポイントが貯まります。

ANA VISA Suica

三井住友カードが発行しているANA VISA Suicaカードは、クレジットカード機能+電子マネーSuica機能+ANAマイレージクラブカード機能の三つを兼ね備えたカードです。クレジットカードとSuica一体型のカードです。

年会費は2100円(初年度年会費無料)です。利用金額1000円で1ポイント溜まり、1ポイントを5マイルに無料で移行できます(ANAマイル還元率0.5%)。年間6300円支払えば、1ポイントを10マイルに移行できます。

「カードご利用代金WEB明細サービス」に登録すれば、翌年度の年会費が1,575円に、「マイ・ペイすリボ」登録の上、年に1回以上カードを利用すれば、788円にそれぞれ優遇されます。

モバイルSuicaの年会費も当面無料となっています。

Suicaオートチャージサービスにも対応しています。

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suica公式サイト画像

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、Suicaとの一体型クレジットカードではありませんが、モバイルSuicaへのチャージに使え、しかも、チャージ金額に対して1%分のポイント(アメリカン・エキスプレス・メンバーシップ・リワード)が貯まります。ICOCAチャージに対しても同様に1%分のポイントを獲得できます。

モバイルSuicaの利用には年間1000円の手数料がかかります。

Suicaチャージ用ANAカード比較

Suica/ICOCAチャージに使えるANAカードを比較したのが以下の表です。

クレジットカード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ANA VISA Suicaカード
国際ブランド

国際ブランドAMEX

国際ブランドVISA

年会費(本会員) 5250円 32550円 初年度年会費無料
翌年以降2100円

※「カードご利用代金WEB明細書サービス」登録で年会費2100円→1575円
※「マイ・ペイすリボへの登録+利用」で年会費2100円→788円
家族会員 2625円 16275円 発行不可
入会・継続マイル 1000マイル 2000マイル 1000マイル
搭乗マイル +10% +25% +10%
ポイントプログラム アメリカン・エキスプレス・メンバーシップ・リワード ワールドプレゼント
ポイント還元率 100円で1ポイント
※ANA SKY WEBでのツアー購入などANAグループの利用の場合100円で1.5ポイント
100円で1ポイント
※ANA SKY WEBでのツアー購入などANAグループの利用の場合100円で2.0ポイント
1000円で1ポイント
移行レート 100円で1ポイント=1マイル
  • 1000円=1ポイント=5マイル
  • 1000円=1ポイント=10マイル
マイルへの移行手数料 5250円 無料 無料
1ポイント=10マイルコースを利用する場合は6300円
Suica ○(1.0%)
○(1.0%) ○(0.5/1.0%)
SMART ICOCA ○(1.0%) ○(1.0%) △(0%)
Edy ○(0.5%) ○(0.5%) △(0%)
PASMO × × ×
WAON × × ×
iD × × ○(0.5/1.0%)
QUICPay ○(1.0%) ○(1.0%) ×
Visa Touch/
Smartplus
× × ×
ショッピング保険 200万円 500万円 100万円
※海外利用、国内リボ払い、分割払い(3回以上)が対象
国内旅行 最高2000万円
最高5000万円 -
海外旅行傷害保険 最高3000万円 最高1億円 最高1000万円
空港ラウンジサービス 新千歳/仙台/羽田第1/羽田第2/成田国際第1/成田国際第2/小松/中部国際/大阪国際/関西国際/神戸/広島/新北九州/福岡/鹿児島/那覇/ハワイ・ホノルル/ソウル・仁川
※同伴者1名も対象。
-

スポンサードリンク